take it easy, make things better.

心療内科で心の問題を改善して元気に〜心療で診療を受けよう〜

Topic

主に心身症を診ている

相談ください

診療科によって、対象としている病気は異なります。心療内科が対象としているのは、心身症です。心身症とは、身体疾患を引き起こした原因が、心理的に関係している病気のことです。神経症やうつ病などの精神障害は、心理的に深く関係しているのですが、これらの病気は精神科が取り扱っています。心療内科の場合は、機能的障害が認められる病気を取り扱っているので、炎症や腫瘍などの物理的な異常がある障害になります。このような物質はレントゲン、カメラなどの機器を使って検査することで見つけることが出来るでしょう。器質的障害以外にも、機能的障害の病気も取り扱っています。機能的障害は、器質的障害と違って検査をしたとしても異常が見つかりません。しかし、動きや機能に障害があるのです。心理的や社会的なことが原因で発症してしまう病気があるので、それを心療内科で取り扱っているのです。ストレスを感じやすい環境にいる場合は、心理的なことが関係して病気を引き起こすことになるでしょう。精神科や神経科なども心療内科と同じにされてしまいますが、それぞれ取り扱っている病気が違います。

心の病気を診てくれる精神科や診療科などがありますが、心の病気でもその種類によって、治療してくれる診療科は異なるのです。頭痛や不安などの身体的な症状がある場合でも身体的な検査で異常は発見できない時は、ストレスなどの心が原因となっていることがあり、これが心身症です。臓器の中で影響を受けやすいのが腸です。腹痛や便秘など、腸自体に炎症が無くても心理的な原因で引き起こしているのでしょう。精神科で治療を行っているのが、うつ病です。うつ病は感情障害の1つで、感情の上がり下がりがとても激しくなります。うつ状態の場合は無気力になり、今まで興味があった物にも関心が無くなるなどの症状が一般的です。対して躁状態の場合は、うつ状態とは違って社交的になり、ハイテンションになります。この落差が激しいために、うつ状態の時にはとても気分が落ち込んでしまうのです。多くの人が知っているこのようなうつ病は、精神科で治療することができるでしょう。精神科では、うつ病以外にも統合失調症などの精神病を診てくれます。心療内科は心身症以外にも、胃潰瘍、高血圧などの病気にも対応しています。