take it easy, make things better.

心療内科で心の問題を改善して元気に〜心療で診療を受けよう〜

Topic

最新の治療法

大切な睡眠

心の病気になる人は増えていて、精神科や心療内科の重要度はとても高まっています。医療技術が発達したことで、今までは難しかった心の病気の検査を行なうことができるようになっています。今までうつ病のような気分障害の検査は、問診だけで診断するのはとても難しいものでした。問診だと、どうしても医師の主観的判断になってしまうでしょう。そこで開発されたのが、光トポグラフィー検査です。光トポグラフィー検査を利用すれば、今までは問診のみだった気分障害を、客観的に診断することができます。光トポグラフィー検査の方法は、頭に近赤外線を照射して、反射した光から脳血流の変化を読み取って、脳の活動状態を数値化するというものです。光トポグラフィーを使うことで、脳を使う際の血流の変化を見ることができるでしょう。その変化具合で疾患が見つかるのです。通常の場合は、脳を使った時には血液の量が増えるのですが、うつ病患者の場合は、血液量があまり増えないのです。この検査を行なうことで、うつ病と客観的に診断することができるだけではなく、躁うつ病や統合失調症を見分けて判断することができるのです。導入されてそれほど機会が経っていないのですが、一致率は7割〜8割程度となっています。データが更に増えるので精度は高くなるでしょう。

心の病気かもしれないと思ったら、心療内科や精神科を受診すると良いです。精神科や心療内科で、光トポグラフィー検査を受けることで症状を検査して診断することができますし、カウンセリングをすることで改善していくことが可能となります。心療内科でカウンセリングを受けるだけでも、様々なメリットを得ることができるでしょう。人間というのは、心の中で思っていることでも、実際に口に出したり、書いたりしないと頭の中で整理できないのです。カウンセリングを受けることで、自分が考えていることを整理したり、自分の長所に気づいたりするようです。カウンセリングで人気の心療内科もあるので、興味がある人は情報収集して利用してみると良いでしょう。知識と技術がある医師なら、効果的なカウンセリングをしてくれます。