take it easy, make things better.

心療内科で心の問題を改善して元気に〜心療で診療を受けよう〜

Topic

誰しもがなりうる病気

外国人女性

心の病気の中で、よく耳にする病名がうつ病です。うつ病は、名前の通りうつ状態になる病気のことです。人間が生活する上で気持ちが落ち込んだり、憂鬱になったりすることはあります。このような気持ちは時間が解決してくれたり、気分転換したりすることで改善することができるでしょう。しかし、何をしてもうつの気分を改善することが出来ず、うつ状態が重症化してしまい、普段通りの生活を送るのが難しくなるのが恐ろしい点です。うつ病になると心理状態が明確になります。気分が落ち込む、意欲が出ないなどの症状が一般的です。また、眠れなかったり、疲れやすかったりなどの症状も表れます。心が弱い人がうつ病になると思われがちなのですが、これは老若男女問わず起こる病気なのです。うつ病の可能性がある場合は、精神科を受診した方が良いでしょう。

うつ病は、精神科で治療を受けることができます。精神科と心療内科は混合されがちですが、精神科の場合は精神病の治療を専門としていて、心療内科は心理的な原因による病気の治療を専門としています。どれも心に関することなのですが、違いがあるので受診する場合は注意が必要です。心の病気や心の病気を診てくれる病院について知っておいたほうが良い理由として、心の病気は意外と身近にあるという点が挙げられるでしょう。うつ病のような心の病気になる人は増加傾向にあり、5人に1人は一生に一度なるというデータがあるのです。一昔前までは治せない病気とされていましたが、最近では、新しい抗うつ剤が開発されたことによって、薬と休養をとることで治せる病気になっています。完治するためには、なるべく症状が軽いうちに治療することが重要となります。神科や心療内科では、カウンセリングを行っているところがほとんどですので、悩み事やストレスを感じている時には受診した方が良いでしょう。病気になってから行くことも大切ですが、病気にならないために行くのも良い事なのです。気軽に利用できる病院も増えてきているので、症状が軽い場合でも受診をしましょう。